神話から自分自身を振り返るギリシア神話ワーク

概要

ワークショップの趣旨は「あなたはあなたのままでいい。あなたの感じていることを表明してシェアできる場所を作る。」ことです。 ぶっちゃけていうと、雑談です。

ギリシア神話をお話ししていくときに、アカデミックな解釈などを非常に気にされる方がいます。 もちろん、それはそれでいいのですが、もっと、自由に神話を楽しんで欲しいな、とも思うのです。 私たちは、小説やマンガを楽しむときに、アカデミックな解釈をあまり気にしていませんよね?

アカデミックな議論というものは、専門家または、そういう議論をしたい人に任せておけばいいのではないか、というのが私の個人的なスタンスです。 逆に、神話そのものを読む方が少ないのは、そのように気軽なスタンスが少ないからではないか、とも思っています。 そのことを、非常に悔しく思っています。

私自身、とても「正しさ」にこだわっていた時期が長くありました。 小さい頃に、てんかんの発作を起こしたことがあるのです。 私が小さい頃は、てんかんといえば「キ○ガイの軽いの」という認識でした。

てんかんそのものは、十代の半ばで専門医から完治といわれました。 そのころは、まだ自分の存在に悩むということはありませんでした。 しかし二十歳になって献血をしようとしたとき、てんかんの既往症があることから「痙攣体質」を理由に献血を断られました。 とてもショックでした。 大学で友人にそのことを話したら「あぁ、そうかもね。」と軽く言われたことが、ショックを更に強くしました。

断られた医学的に正確な意図はともかく、私には「キ○ガイの血はいらない」というメッセージに聞こえたのです。 私の中で「正しさ」が非常に大きな価値観になりました。 正しくなければ、それは私が狂っていることだ。 いつしか、そう強く思い込むようになっていました。

そんな状態でしたから、人を好きになることもありませんでした。 ルックスのどこが悪い、行動のどこが悪い、そんなことばかり探していたのです。 やっと人を好きになったときは、三十を超えていました。 そして、すぐに別れてしまいました。

私は「正しい」はずだ。 その人のことが許せませんでした。 「どちらも正しい」と思えるようになり、その人のことを許せるようになるまで、十年以上の歳月が必要でした。

他の人たちが、そんな不毛で無駄な時間を過ごさなくなるためには? 対立する意見がどちらも正しいことを認め、お互いを尊重できる場をどうやって作ったらいいのか? そういう場を私は知りませんでした。 私がそれを作るとしたら? ギリシア神話を題材にすることは、あまりにも自然な流れでした。

ワークで取り扱う神話の分量は、非常に少ないものです。 神話をよくご存じの方にとっては、物足りないくらいでしょう。 それでも、そのとき調べた出典は必ず明記するようにしています。 ですからワークで使われる物語が、「出どころがわからない物語」ということはありません。

ワークの中心は、ディスカッションです。 その人が、物語や登場人物にどのような印象を持ち、ご自分がどのように考えているか、をシェアしあいます。 何が正解で何が不正解ということはありません。 従って、ワークの進め方は以下のようになります。

  1. レジュメに従って、木村が物語やキャラクターを紹介する。
  2. いくつか設定した質問に対して、お互いの考えをシェアしあう。

このワークは参加者に何を得てもらうためにしているのでしょうか。 実はリベラルアーツのベーシックアカデミーでいうところの「自己愛」を見つめてもらう、ということをしています。 ここでいう「自己愛」とは「自分を、ありのままに知って、理解して、上手に表現できること」と定義されています。

なぜ、この自己愛が大事なのでしょうか。 それは、私たちのアイデンティティの基礎になる部分だからです。 自己愛が確立していれば、他人の価値観に左右されることがありません。 私も、あなたも、そのままの存在でいいのです。 そのことを、神話を通して強く伝えたいと考えています。

リベラルアーツでは、人間をジグソーパズルのピースであると模式化しています。 ピースの出っ張っているとことを長所、引っ込んでいるところを短所として認識されている部分だと考えるのです。

長所は短所の裏返し、コインの裏表のようなものです。 ですから、私たちが短所を嫌ってピースの引っ込んだ部分を埋めようとすると、長所の部分を削って埋めてしまうことになります。 その結果は恐らく、ただの四角いピースになってしまうでしょう。 それでは、他のピースと組み合わせることができません。

では、他の人たちも四角いピースになれば? レンガのように積み上げることはでかもしれません。 それでも、ちょっとした外力で動いてしまい、すぐに崩れてしまうでしょう。 私たちが望む関りは、そんなものなのでしょうか。

こう考えたとき、私たちの短所だと思っているところは、他人の長所を受け入れて活かす素晴らしい特徴の一つ、といえます。 自分が神話を通して何を見ているのか、どのような価値観があって、どのように物事を捉えているのか、に気付いてほしいのです。 そして、他の人たちがどのような形をもつのかも、ありのままに知って欲しいのです。

場所は、だいたい新宿近辺で行っています。

次回開催予定

他の告知場所

過去レジュメ


ギリシア神話トップに戻る
トップに戻る